HEADER画像

台湾・転職

台湾駐在の求人探しも、現地企業への転職もお任せできるサイトをご紹介しています。
また台湾での生活に必要なアレコレもご案内中!

台湾転職ことはじめ

転職して台湾にいきたい、働きたいという日本人が増加している。台湾には世界中のハイテク企業が集まり、科学工業園区というエリアが充実、貿易の要となる港も整備されメーカーや商社も出入りして多くの日本人も生活しているのだ。

親日家が多く日本人に近い性格を持っている、異国の文化にも触れながら生活もしやすい台湾へ転職していきたい場合、どのようにすればよいだろうか。

人材紹介サービスの活用で夢を叶える!

ネットのサービスが充実し、日系企業への転職も台湾企業への転職も人材紹介サイト(サービス)を使うことで実現することができる。キャリアアドバイザーと呼ばれる担当者とともに転職成功までを計画して進んでいくことになる。CAは現地情報を多く保有し、また企業側も人材紹介会社に求人募集の依頼をしているので、企業と人材のマッチング(仲介)を円滑に行なってくれるだろう。

そのため人材紹介サイトに登録して求人や現地情報をリサーチすることが台湾転職の夢を実現する第一歩といえる。海外への転職では様々な不安もある。就労ビザの問題、言語の問題、理想の企業への就職ができるか、履歴書は?面接は?条件や待遇はどうやって契約するか。そういった不安も、キャリアアドバイザーとともに解決していくことが可能なのだ。次章では日系企業も、台湾企業への転職も選べる人材紹介サイトを案内していきたい。

台湾転職で活用したい人材紹介サービス

台湾転職で活用したい人材紹介サービス

  • リクルートエージェント

    リク社画像

    まず台湾企業への転職で現地採用は就労ビザの取得が難しいので「台湾進出中の日本企業」へ転職する道が近道と言える。日本国内で転職活動をし、台湾駐在の求人を狙うという手段になる。住宅や手当も給付され台湾ライフを満喫できる。

    そのためリクルートが提供するグローバル企業専門の人材紹介サイト「リクルートエージェント」を使うのがメリットが大きくおすすめ。英語・中国語が活かせる仕事のリサーチができる。無料登録して台湾で働きたい旨を伝えればキャリアアドバイザーがあなたを担当してくれる。


  • JAC-Recruitment

    JA社画像

    こちらは国内3位の規模を持つサイト。実は英国発の人材会社でイギリスを始め、東南アジア各国にも拠点があり、現地外国企業の情報も多く仕入れているというメリットが大きい。現地企業を狙いたい場合はJACも併せて使って行きたいところ。

  • DODA

    DO社画像

    国内2位の規模の人材紹介サイトがDODA。求人数を多く確保しているのでリクルートの次に可能性が高いといえる。履歴書を登録することで企業から直接オファーをもらえるシステムもあるが、積極性に欠けるのであまりオススメはしていない。

台湾転職での就労ビザの課題

現地で就職して就労ビザを取得するには困難が伴う。何しろ国内の人材を差し置いて外国人を採用することになるわけなので、日本人が台湾で採用されるためには、会社が国に必要な人材であることの説明が必要になってしまうからだ。

 

また外国人の採用は企業にとっても出費が高くなる仕組みで国内の雇用を守るような法律になっている。そのため日本人が現地で雇われるために就ける職種は日本語が関係する仕事に限られてきてしまう。現地人も日本語が話せる人が増えているのでなおさらビザの取得は難しい。台湾転職をしたいなら、まずは日本企業に勤めて台湾赴任を考えるのが近道といえるのはこのためなのだ。

 

それから現地採用の場合は、現地人と同じ待遇となるため、給料がそれほど高く無いことや、住宅手当は出ないし、全て自己責任ということがネックとなる。これらの課題をクリアしてでも現地企業に就職したいと望むなら、その夢はそれでOKだと思う。この場合は現地人の人脈や人材紹介サービスを使って求人を調査するとよい。

このページの先頭へ