HEADER画像

台湾・転職

台湾駐在の求人探しも、現地企業への転職もお任せできるサイトをご紹介しています。
また台湾での生活に必要なアレコレもご案内中!

この業界、台湾駐在員の可能性あり

台湾は、日本人が海外赴任を希望する中でも、住みやすい、働きやすいとして評判の高い国です。その台湾駐在員として赴任の可能性がある企業に採用されることで、将来駐在員としての異動や仕事に就くことができる可能性が高くなります。

いきなり現地採用となればハードルも高いですが、会社からの異動となれば、役割もそれになり与えられることになりますし、前任がいる場合は生活の状況や仕事の方法などを確認することができるため、より勤めやすくなるはずです。

台湾に駐在員として赴任しやすい業界は、IT関連、商社関連、製造業・小売業の業界です。

建設関連は、ある程度の開発は終えてしまった現状があるのでしりすぼみです。今あるインフラと生活基盤を高める業界で台湾進出が盛んに行われています。

業務内容や給料のこと

業務の内容は、それぞれの分野の管理職として赴任するケースが多いようです。もともと台湾の日系企業の組織形態は、管理職に日本人をおいて、その他複数名の日本人の幹部と現地人で構成されることが多いです。現場のマネジメントと人事管理が主な仕事となることでしょう。

管理職となれば、月収40万円~プラス出張手・当海外手当などが一般的になります。もちろん、すべて管理職で赴任するわけではありません。それぞれの給与としては、営業職、事務職、カスタマーサービス、技術者で年収300~500万と幅があります。

一般職で赴任して実績を残すことで、次期異動で管理職を目指すというステップの可能性もあります。

このページの先頭へ