HEADER画像

台湾・転職

台湾駐在の求人探しも、現地企業への転職もお任せできるサイトをご紹介しています。
また台湾での生活に必要なアレコレもご案内中!

駐在員の待遇はやはり良くなっている

台湾駐在員になるための一つの方法として、日系企業からの異動による赴任が最も近道ではないかといわれています。

気になる処遇については、勤続年数が長くなると、日本での給与の伸びよりよくなる企業が増えてきています。その理由としては、まだ台湾市場が工夫と努力によって伸びしろがある状況で、かつそれを実績として会社に提示することができた人材は高く評価される傾向にあるようです。

台湾駐在員の採用条件は、現地採用とは異なります。日系企業からの出向となると、基本は日本の待遇に近くなりますので、住宅手当や交通費などは今まで通り支給されることが多いです。ただし、本社と支社との区別化によっては、それらが基本給に含まれる場合があり一概に言えません。中小企業ほどその傾向が強いです。

厚生年金、健康保険などの社会保険は、日本と同様に設定されています。賞与についても基本的には日本本社の水準に近いですが、仕事による実績をしっかり残せた場合の評価によっては、プラスアルファーを期待することができます。

台湾赴任を成功させやすいメーカー、商社、エンジニア、管理職としての平均的な月収は、現地採用者と比較して高い水準となります。

現地採用者が24万円~35万円程度で、日本にその資産を持ちかえろうと考えている人は少ない一方で、駐在員は住みやすい住居を与えられ各種の手当も期待でき、帰国後には貯金も増えていたという人が多いです。

これは台湾だけでなくアジア各国での駐在員待遇も同じような状況ですね。

今の日本の住みにくさから脱却して、現地で生活をしていく事を考えている人にとっては将来を測るよい選択肢の1つになりえます。

現地採用者のこの状況は改善されてきていると、人材紹介大手のジェイエイシーリクルートメントなどでは評価しています。平均給与は、以前に比べて1.5倍水準程になりましたので、現地での生活を充実させられるようになってきました。

このページの先頭へ