HEADER画像

台湾・転職

台湾駐在の求人探しも、現地企業への転職もお任せできるサイトをご紹介しています。
また台湾での生活に必要なアレコレもご案内中!

どんなスキル、語学力、職務経歴が必要?

経済の発展がめざましい台湾では、日系企業も多いため日系企業向けや日本人向けのビジネスなども展開しています。

海外なのに日本語を話せること、日本人的な仕事のやり方が認められて採用されるケースもあります。

逆に、現地人の中には日本語を活用してビジネスを行っている人も多く会社によっては日本人で日本語を話すからといって、採用が優遇されない場合もあります。

また、中国向けのビジネスを行っている企業では中国語はビジネスレベルが必要であり、読み書きが要求される場合がほとんどです。

経験者、即戦力は採用の可能性が高い

スキルについては、技術者であれば、日本で保有しているスキルで台湾転職が成功することも多いですが、日本の資格はあくまで参考程度といえます。実際には、資格がなければできないといった仕事は限られており、企業が認めていれば色々な仕事も柔軟に取り組めます。

そのためか、経験を重視する傾向にある企業は多いです。少なくとも単純事務ワークでない限り、原則大学卒業以上、もしくは短大卒業で特定分野を専攻しているなどの学歴を重視する傾向にあります。同職種経験については、やはりほとんどの求人で条件が付いている場合が多いです。

ただし、日本語講師などは特に経験がなくても学歴さえあれば採用される傾向にあります。

経験年数は業種によっても異なりますが、5年以上を要求されることは稀で、2,3年の経験でも十分に評価されます。全くの初心者は職種が限られてしまいますが、そもそも台湾と日本のビジネススタイルは異なりますから、一から学ぶことになるでしょう。

台湾での業務経験がある方は、かなり優遇されます。一度経験されて、その後に希望する会社へ転職するというのもよいでしょう。

このページの先頭へ