HEADER画像

台湾・転職

台湾駐在の求人探しも、現地企業への転職もお任せできるサイトをご紹介しています。
また台湾での生活に必要なアレコレもご案内中!

待遇は会社によって様々、駐在員じゃなくても生活はできる

日系企業の現地採用の日本人の給与関連の待遇は、やはり企業の考え方も違うことから、日本とは少し異なります。

特に、当たり前と思っている手当関係に差が生じていますし、賞与面でも常に支給されるというわけではありません。日本より給与水準は低い場合が多く、ある程度の規模の大きな企業への採用を目指す必要があります。(それでも現地スタッフよりは給与は高いわけですが)

各種手当について

交通費などの手当ては、原則基本給に含まれているというケースが多いです。仮に電車での通勤であっても、定期代などが支給されることは稀です。

日系企業でも数社は、日本の給与体系に即して交通費を支給しているところもあります。住宅手当、家賃補助についても同様です。ただし、管理職となれば交通費が支給されることもあります。役職によって優遇される場合があるようです。

食事手当という項目があり、基本給とは別に1800$程度が支給されることがあります。この点は、日本と台湾の日系企業の違いと言えるでしょう。

各種手当は転職時の求人情報や面接時に手当が給与に含まれるのか、無いのかは確実にチェックするようにします。

通勤は、主にマイカーとなりますが、交通渋滞が激しいという事もあり、交通機関の整備されている地区では公共交通機関を使用して出勤される人も多いようです。

給料について

一般的な営業職、事務職、カスタマーサービス、技術者、管理職の平均的な月収としては、営業職35,000~80,000$、事務職28,000~40,000$、カスタマーサービス職30,000~50,000$、技術職40,000~100,000$、管理職70,000$~となっています。

企業の規模によっても異なりますが、企業規模が大きい場合は条件を超えることもあります。賞与は、安定して支給されるものではありません。多くて6ヶ月分を年2回に分けて支給している企業もあります。

1台湾ドル≒3.4円

このページの先頭へ