HEADER画像

台湾・転職

台湾駐在の求人探しも、現地企業への転職もお任せできるサイトをご紹介しています。
また台湾での生活に必要なアレコレもご案内中!

台湾に移住するにはどうすればよいか?
台湾での生活費・住処・治安・病院のこと、ビザのこと

生活は基本的に日本と同じようなものだと考えてよい。海外の国や地域の中では比較的治安が良く安全だといわれている。しかし、女性が夜中にひとりで歩いたり、タクシーに乗るのは避けた方がよい。その辺が日本と比べるとやや安心できないであるだ。ただ、それ以外の面においては概して台湾人は親切で親日派も多く、中には日本語を話せる人もいるので生活していくうえでは他の国ほど不便さや不安を感じることはないと言える。

海外移住するにはビザが必要だが、台湾に移住するにはまずノービザで90日間の滞在が可能だ。ロングステイという形では最長6ヶ月まで有効で、それよりも長い滞在を希望する場合、何らかの仕事をすることを前提として就労ビザを取得するのが一般的だ。永住権を得るには台湾に7年以上の滞在実績が必要なので、日本から移住する際の初期段階としてまず現地での転職先の確保、または事業を始める準備をし、就労ビザを取得するという事が何よりも先決である。ちなみに就労ビザは現地の就職先を先に見つけなくてはならない。採用が決まったらその会社が就労ビザの申請をすることになっているからだ。個人で取得してから現地で転職活動をするということはできない。

移住の条件が整い、現地に赴いたら住みやすい環境が待っている。物価は台北など都市部は日本同様に高いが、それでも日本円で約7~8万円あれば家賃や食費、光熱費などを含め1ヶ月暮らすことができる。また、医療事情は日本ほど進んではいないものの、医療設備や保険制度も整っており安心できる。

このページの先頭へ