HEADER画像

台湾・転職

台湾駐在の求人探しも、現地企業への転職もお任せできるサイトをご紹介しています。
また台湾での生活に必要なアレコレもご案内中!

台湾の日本人街について知ろう

どこの国にも同じ国の外国人が多く住んでいる地域は存在するものだ。東京の大久保には韓国人街が存在するといったように、台湾にも日本人が多く集まっている地域がある。台湾の住宅事情について触れると一戸建は希少で、分譲された鉄筋コンクリートの共同住宅やマンションが主流となっている。

台湾で日本人が多く住んでいる地域についてみていくとまず「士林・天母地区」が挙げられる。台北市中心より北に約8キロほど離れた閑静な住宅地だ。住宅は40坪以上のファミリー型マンションやアパートが多い。「大同区」は台北最大の漢方・乾物街があり、お寺も多く日本の下町の雰囲気のような地域である。交通の便もよく、「中山区」にも近い。その「中山区」は、日系企業が集まる商業エリアとして知られている。高級ホテルや日本人向けの飲食店も多くあり、生活の便が良いために日本人移住者の人気のエリアの一つとなっている。

「松山区」は日系企業や欧米系金融系企業が多いビジネスエリアで、「萬華区」は台湾の原宿といわれ、若者に人気のショッピングエリアとして有名だ。「中正区」は、台北の交通の拠点となる台北駅があり、高級住宅街で環境や治安がよい。ただし、賃貸住宅物件が他の地域と比べて少ないという難点がある。「大安区」は日系デパートやカフェがたくさんあり、交通・食事・ショッピングに便利な商業エリアだ。「信義区」は、新興開発地区でオフィスビルエリアと住宅マンションエリアが共存している。商業施設もあり生活に便利だが、賃料が非常に高い。

台湾に転職した場合の居住

台湾で生活する日本人は2万人を超えるがその多くは台湾駐在員として台湾で働く人と、その奥さんや子供といった具合になる。

東南アジアに日本人が駐在員として派遣されて行く場合、会社側が高級なマンションを用意している場合が多く、現地人から見ると日本人は金持ちに見えるというのは昔からある。台湾に進出している大企業ともなれば広めの住宅や様々な手当も期待できる。台湾への転職活動をしている人にとっては魅力的な条件の1つだと思う。

このページの先頭へ